Skip to content

義務化対象外でもストレスチェックをする大切さ

昨今ではストレス社会と言われていて、それが原因でうつ病に代表される精神疾患になる人が増えています。ただ企業がそれに対して積極的に対応策を取ることは難しく、うつ病になった人が自殺に至ることも発生していて社会問題になっています。そのため政府が一定の社員数を抱えている事業所に対して、年1回のストレスチェックをおこなうことを義務化しました。その結果によってうつ病等になりそうな人については医師のカウンセリングを受けるようにしています。

これによって企業としてはストレスを受けている人を見つけて対応をすることができ、原因を明らかにすることでそれを解消することでストレスを受ける環境を改善することができます。しかしこのストレスチェックの義務化も対象が事務所に勤務する社員数が50名以上になっています。企業全体の社員数ではなく事務所単位になっているため中小企業の場合には各事務所にそれだけの社員がいる可能性が低く、ストレスチェックの対象外になっていることが多いです。ただストレスチェックは現代病を防止する意味もあり、人数で限定することでもないため、事務所に社員が50名未満であっても企業が自ら積極的に実施することが必要です。

義務化の対象ではないものの、対象外の事務所でも積極的に制度を取り入れて実施することが大事で、特に中小企業の場合には対象外となることが多いので、対象外であっても企業自ら実施することが大切だと言えます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です