Skip to content

ストレスチェックの義務化と効果

平成26年に労働安全衛生法の改正が行われ、企業側が従業員に対してストレスチェックを実施する事が義務化されました。これは、職場のストレスが原因で精神的健康を害する者が増えたことで、労災請求や休退職者の増加により企業の生産性が下がるなど経済的損失が増加したことも背景にあります。ストレスチェックの義務化は、正社員やパートアルバイト、派遣社員など常時50名以上が勤務している事業所が対象になります。年に1度はストレスチェックを実施して、労働基準監督署に報告することとなっています。

企業側は実施が義務ですが、従業員側は受験は義務とはされていません。このチェックの結果、高ストレス反応が見られた従業員に対しては、産業医や医師が面接してストレスに対するセルフケアのアドバイスが行われ、企業側に対しては必要な環境整備や処置、対応の提案があります。その後、1ヶ月以内には何らかの整備、処置や対応をしなければなりません。この義務化の期待される効果は、なるべく初期段階の不調の発見が可能となることで、重症化する前に対応が出来る、車内統計で改善が必要な部署の特定などによりる予防がメインです。

事が起こってからの損失に比べれば、チェックにかかるコストの方が大きくなる場合が多いので、必要であれば50名以下の従業員の企業でも実施するといいでしょう。また、従業員側も、無意識的なストレスの発見の機会にもなり得るので是非受けた方がいいでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です