Skip to content

ストレスチェックの義務化に抵抗がありますか?

ストレスチェックが義務化されたことにより、突然会社でストレスチェックの紙が回ってきたり、メールで送られてきたりしてびっくりしたという方も多いのではないでしょうか。ストレスは実の多くの病気の原因となることがわかってきています。うつ病やノイローゼのような精神疾患だけでなく、ストレスは免疫細胞の働きを弱らせるために、あらゆる病気の誘発する原因となる危険性があるのです。誰でも、大なり小なりストレスを感じて生きています。

それ自体は特に問題があるわけではありませんが、ストレスの度合いが個人個人によって異なるために、それによって生じる影響も違ってきます。自分では大丈夫だと思っていても、突然ストレスが元で病気を発症するというケースは数え切れません。さすがに国もだまってこの状況を見過ごすことはできず、義務化に踏み切ったわけです。ストレスチェックが義務化されたことに抵抗を感じる方もあることでしょう。

チェック項目が、何か心の中を知られてしまうような感じがしたり、ストレスに弱いろいうことが会社にばれると、都合が悪いのではと心配になる方もいるようです。自分の内側にあるものを人に言えない、あるいは言いたくないというのが多くの日本人の性格ですから、ストレスチェックに抵抗を感じる人がいるのもむりはありません。しかし、あま深く考えず、慣れていくことも大切です。また、自分自身の精神状況がどのような状態にあるのかを知ることで改善すべき点が見えてきます。

これは病気を予防するためにも重要なことです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です