Skip to content

中絶は体に大きな負担があります

望まない妊娠をしてしまったために、やむなく、中絶をするという人もいるでしょう。とくに10代の若者はその場の雰囲気に流されて行為を行い、結果として予期せぬ妊娠をしてしまうということがあります。その時は簡単に中絶ができると思っているでしょうが、女性の体には大きな負担がありますし、なによりもせっかく生まれた命を絶ってしまうということになります。10か月もなれば一人の人間が生まれるという行為を絶つわけですから、それは簡単に許されることではないですね。

また女性の体には大きな負担になります。中絶の手術をうけなくてはいけないです。その手術は麻酔が使われるので、その時には痛みはないですが、その後麻酔がきれたあとは、痛みがありますし、その後生理の周期が正常になるまで、時間がかかったりします。人によっては、回復が遅れて体調がおかしくなってしまう場合もありますから、なるべく中絶をしないようにしなければなりません。

いまは、不妊というのも社会問題になりつつあります。子供がほしくてもできないで悩んでいる夫婦もいれば、命を絶つのを選択する人もいるのは、なんともやりきれない感じがします。ただ、妊娠したのに、女性に子宮ガンなどが見つかってやむなく、中絶せざるを得ないという場合は別です。いくら産みたいと思っても、自分の命を引き換えにする妊娠は、リスクが大きすぎます。

この場合はご夫婦でよく考えて選択する必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です