Skip to content

人工妊娠中絶とは何か

「中絶」とは、人工的に女性の妊娠をストップする手術のことです。母体の健康上の理由で、このまま妊娠を継続すると生命の危機が生じる場合、あるいは経済上の理由で妊娠の継続が難しい場合、そしてレイプなどの被害で妊娠した場合において、中絶が認められています。中絶は、どんなにやむを得ない理由があるからといって、決して気軽に行えるものではありません。女性の心や体に様々な影響を及ぼす上、何回も繰り返すと将来妊娠しにくくなってしまう可能性もあります。

自分のパートナーとよく話し合い、双方が納得した上で手術に臨むようにしましょう。実際に中絶の手術が受けられるのは妊娠22週までですが、妊娠12週未満とそれ以降では手術の方法が異なります。当然、母体に与える影響にも違いがあるため、手術は出来るだけ早めに行うのが賢明です。早く手術をした方が、母体への負担が少なくなります。

また、実際に手術が受けられる病院は、各都道府県の医師会が指定する「母体保護法指定医」が在籍するところです。手術をしてもらう病院を選択する時は、指定医が在籍していることを必ず確認しましょう。また、母体の負担を考え、出来るだけ交通の便が良い場所を選択しましょう。そして、手術を受ける費用は、妊娠初期でだいたい10万円前後が目安です。

保険が適用されないため、費用は全て自己負担となります。手術を受ける前には、原則として本人とパートナーの同意書が必要になります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です