Skip to content

中絶におけるその背景とは

中絶は、親として年齢的に未熟で育てられない場合、経済的な事情やレイプによる妊娠、母体の健康上の理由などから、人工的に子供の命を絶つ手術です。近年では、高齢出産による胎児の障害のリスクなどから中絶を希望する女性も増えてきています。命は大切で尊いものですが、様々な理由があり、産んだことによって家庭の経済事情などから虐待の可能性があるのなら産まない、という選択肢もあります。一人一人それぞれの問題であり、何より子供の命が大切だからと、安易に産むことを決めても、産んで終わりではなく、産んでからも成人して自立するまで大変なのが子供という存在です。

それを決めるのは母親になる女性ですが、女性は中絶によって体と心に多くの傷を負い、繰り返し行うことで不妊になったり、人によっては引きこもったりその後の人生にも多くの苦しみを背負いながら生きてしまうなど、様々な影響をもたらす可能性があります。若い女性にかかわらず、男性に対して避妊具の使用を求められない女性もいて、その結果望まない妊娠をしてしまうこともありますが、それは女性だけの問題ではありません。快楽のためや一時しのぎで性行為を強要したりいい加減な付き合いをする男性にも問題はありますが、傷つくのは女性だけです。やはり、どんなに平気なふりをしていても、お腹に宿った我が子を殺してしまうことを決断した女性が、傷つかないわけありません。

様々な事情で中絶は仕方なかったとしても、同じ過ちを繰り返さないためにどうすればいいのか良く考えることが重要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です