Skip to content

AEDはレンタルが費用を含めるとお得

AEDはレンタルとリース、購入をすることができます。レンタルであれば、一般的に消耗品などの諸費用も含んでいることが多いです。消耗品の期限が近いと自動的に借りている会社から送られるサービスもあります。異常が発生すると連絡が入りますし、数か月に一度点検してくれるサービスもありますので、付帯サービスについては契約時に確認が必要です。

レンタルであれば予算も立てやすく、経費処理も簡単で利用者が増えています。期間も1日から複数年数自由な期間を設定することができます。1か月未満の期間にすればマラソン大会やお祭りなどのイベントに利用することが可能です。1か月以上の期間設定をすれば、工事現場やプールなどある程度のAEDを必要とする場合に利用することができます。

複数年数の契約をすれば企業やマンションなどに利用することが可能です。リースであれば、一般的には商品の購入金額はユーザーが決めて、リース会社がリースの料率が上乗せを行い毎月料金が決まります。リース会社では様々なサービスを付加している場合もありますし、リースであれば動産総合保険が付いている場合が多いため、天災や盗難に関しても補償され、経費処理も簡単です。一括購入する場合には、総額で費用を安くすることができます、ただし、AEDの点検担当者が管理する必要があります。

しっかり管理しないといざというときに機能しない場合があるため注意が必要です。レンタルであれば、日常点検までサポートしてくれるところが多いため、結果費用を抑えることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です