Skip to content

AEDをレンタルすると学生も守れる

運動すると誰でも息が荒くなってしまうようなことがありますし、同時に心臓が激しく動くようなこともあります。そのためあまりにも激しい運動をすると心臓に悪影響が発生するようなこともありますが、適度な運動であれば健康的な体を目指していくことが可能です。しかし若いときは自分でコントロールできずに、激しく動いてしまうようなこともあり、その結果として心臓発作などを起こすことがあります。現実的に日本では部活中に急死してしまうようなケースが少なからずありますから、学校としてもそのような生徒が発生しないように注意しないといけないです。

しかし体育などによって教育をするのは大切なことでもありますから、適度な運動はしないといけません。一般的に心臓に悪影響が出る習慣としては暴飲暴食やストレスの蓄積なども該当してくるので、そのような状況でいきなり激しい運動をすると心臓発作などで倒れてしまうケースがあります。AEDが近くにあればすぐに適切に心臓マッサージをすることができますから、心臓が動かないような状態でも心配ありません。仮にAEDが存在しない場合は自分の手や口などを使って心臓マッサージと人工呼吸をしないといけないので、ある程度の知識が必要になります。

そのような知識を持っている人は少ないので、AEDをレンタルして用意しておくのが大切です。学校でもAEDをレンタルすることは難しくありませんし、レンタルをしておくことで体育の時間や部活などで倒れたときに生徒を助けることができます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です